書きたい事を適当に書く日記です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年老いたペットたち
2013年09月27日 (金) | 編集 |
老猫さん、現在18歳ですね。
ここ2ヶ月くらいは大きく体調崩す事無く、順調かな?
しかし、この数ヶ月で粗相が酷くなりました。
目が見えなくなったのがこの1年の間なので、関係してるかもしれませんが。。。
ある程度トイレを探して、見つからなければ「ま、ここでいっか」みたいな感じでw
気軽にやってるように見える、
トイレ周りにする事が多いのでペットシーツをたくさん敷いてるんだけど、たまに全然違う場所でも。
気づいたら連れて行くようにしてるんだけど、猫さんに完全に任せた場合、トイレ正解率は10%くらいになると思う。
寝て起きたら必ず、トイレ外(ほぼシーツの上)にオシッコがある状態。

まあ、寝たきりではないので、自力でご飯・お水に行けるし、介護って程じゃない。
子猫の噛み癖期に比べると、好奇心も身軽さも無いので少しマシに感じる。
もしかしたら、老齢によるボケが来てるかも。
最近、見つけたら注意するようにしてるんだけど、トイレ砂食べたりするんだよね・・・
おたけびもヒドイ。

ハムちゃん。
現在、モコは1年と11ヶ月ですね、ふわが1年と10ヶ月、子供たちが1年と8ヶ月くらいになります。
ショップからお迎えしたあぷりん、1年と6ヶ月で他界。(病死)
子供たちのうち、1匹が1年と7ヶ月の時に他界しました。(突然死)
10匹になっちゃった。。。

現在、モコが、後ろ足動かない状態。
動かなくなった直後には、具合が悪かったのか、動き方がわからなかったのか・・・
3日ぐらい、同じ場所で寝返りもうてずに寝たきり状態になりました、
完全に動けないと、食事・水分・トイレのお世話が必要になり、結構大変だった。
今はなんとか前足だけで這うような形で動けるようになり、マメな介護は必要としなくなり、一安心。
段差が無理なので、新聞紙の上に食べ物置いて、トイレやお皿を撤去して、給水器を低い位置にセット、で前と同じ生活がなんとか出来てるかな?
若干、食が細い感じもするので、嗜好品を多くあげるようにしてる。

歯が悪くなったのかな?というのが、ぽてとぷく。
食が細くなり、ヒマタネの殻等は剥けなくなりました。
こちらも、食べやすい食べ物をあげるようにしてる。

他は、とりあえず見た目に病気ってのは無さそうなんだけど・・・
1年7ヶ月で他界してしまったねじゅ。
この子の死因がまじでわからないぐらい、元気だったんだ。
ハムちゃんの突然死は多いみたい・・・
スポンサーサイト

引越し完了
2013年07月07日 (日) | 編集 |
静岡のど田舎に引っ越し。
関東周辺の田舎とは違って本物の田舎って感じ!
千葉や埼玉にある、比較的「田舎」と呼ばれるエリアに住んだ事があるけど、駅前行けば人がうじゃうじゃいるし、何も生活に困る事もなかったし、あれは真の田舎とは呼べないよね。
田舎風?プチ田舎?

・・・そんなわけで、猫の目が見えなくなって初めての引越しなので、少し不安だったけど早めに落ち着いてくれた。

前の部屋と大きく差はないけど、やはり多少の配置買えは必要になった。
猫が、トイレ・お水・ご飯など用事がある時&用事が済んで、いつもの場所へ戻る時。
長い時間ウロウロと徘徊している事が多い。
足が不自由なので、健常猫のようにスッとは歩けず、バタバタと音を立てる。
袋小路?のような場所に入り込むと何度も同じ場所でグルグル旋回してる事も、
自分が気づいたら、探してるであろう場所に移動させてあげる。
そこで落ち着いたら正解。
鳴きながら徘徊再開したら不正解。

いきなり病気になったのが、1年3ヶ月前。
1年4ヶ月前には、(見た目)健康そのものだったので、こんな事になろうとは・・・
とりあえず、引越しで体調崩したりってのは無かったので、良かった。

あ、今過去の記事読み返して、内容が少し飛躍してる事に気づいたので補足w
1ヶ月前に体調崩した時、一時全く歩けない状態になったんだけど、今は足を引きずりつつ自由に歩けるぐらいまで回復してます。
歩こうとする強い意思と、猫の自己治癒力により、自然にリハビリ状態になったんじゃないかなー。

その後
2013年06月06日 (木) | 編集 |
何日か前になりますか・・・・猫さんが突然動けなくなる。
左半身麻痺しているようで、まったく立てない。
何度も立とうともがくが、立てない。
トイレに行けず、その場で粗相してしまう。
17年間飼ってて初めて、この日の粗相は計3回。
トイレには何度も連れて行ったが、連れられて行くトイレでは出せないらしい()
食欲は全くないわけではない・・・が食は細い。

翌日は、なんとか自力で立ち上がる。
左に力が入らないので、常時左側に体が傾く。
何度も転びながら、這ってトイレなどに行けるようになる。
オムツや完全介護を覚悟してたのだけど、なんとか大丈夫らしい。

それから数日。
猫自身が、今の状態に慣れてきたようで、元の日常に戻りつつある。
這って移動してきて私の横にベッタリ張り付いて撫でられ待ちをする。
ただ、ご飯はまともに食べれず、嗜好性の高い缶詰を次々とあけてあげても、なめて終わり。
長いことまともに食べてないのでずっと便秘。
どうにかならないもんか・・・・

目はもう全く見えない。
右と左の瞳孔の開き方が違ってたりする。
暇さえあれば、左から右に視線を移して何かをずっと追っている、
耳は遠いけど、多少聞こえる。
一時期雄たけびが酷かったけど、体調が悪い今は全く鳴かず。
最近は、雄たけびは体調が良い時のサイン。

15歳頃までは怪我病気全くなしで健康だったんだけど・・・・
一気にガタが来てしまった。
体中いろいろな所に症状が出てるけど、脳or神経の障害のようなので、仕方ない。

目と耳
2013年05月14日 (火) | 編集 |
去年5月のネコさん体調不良から約1年。
先日、また歩けなくなる&痙攣の症状発生。
当日はなかなか立てないながらも、這うように自力でトイレ等へ行く。
食欲はある。

2-3日でヨタヨタながらも、自由に歩けるぐらいまで回復。
あまりにも酷かったので「寝たきり」も頭によぎったけど、まあ、回復が早い。
猫のゴロゴロパワーなのか?
とりあえず、元気にはなったみたいで良かった。

最近気づいたのだけど、目と耳がほとんど機能していない様子。
明るい場所でも、ネコさんの瞳孔が開きっぱなし。
後ろから声をかけても、耳を後ろに向ける動作もなくなる。
去年の病気以前には、間違いなく、目も耳も機能していたので、病気の後遺症かも知れない。
歳も歳だし、単に老化かも知れないし、わからない。

猫好きだが
2012年11月11日 (日) | 編集 |
駐車場でいつも見かける猫さん。
猫好きだから、この子が野良の子なら特に文句は無い。
だけど、どう見てもどこかで餌を与えられてるような体付きだし、人間慣れしすぎてる。
駐車場の向かいの、あの家の飼い猫なんじゃ・・・と思ってるんだけど、確証が無い、

実際の被害。

・車に乗られる。
のは、まあいいとして。
うちの車、コンパクトカーなので前のほうあまり平らじゃ無いんだよね。
いつの間にやら引っかき傷だらけ。

・車の上で毛玉を吐かれる。
他所の家の猫の嘔吐物の処理、気持ちのいいもんじゃない

猫好きでも、さすがにキレるぞ。
「飼い猫なら」という前提だけど。
管理できないなら家にしまっとけよ、糞飼い主。

野良ちゃんなら仕方ない、自然災害(?)として大目に見れる。

これ、猫好きでもこんな風に思うんだから、猫好きじゃない人が「害獣」と言うのも無理が無いかも。
「自由に外出られないなんてかわいそう」とか誤解してる飼い主が未だにいる事にビックリなんだけど。
「ど」が付く田舎ならいいかも知れないけど、そうじゃない場合、「散歩」と称する放し飼いはやめてほしい。
車だけじゃなくて、庭や畑を持ってる人達はもっとダメージのデカイ被害(精神的に)受けてるらしいよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。